2017年度(第106回)版 看護師国家試験 過去問題

午前18N01

自力での摂取が困難な臥床患者の食事介助で適切なのはどれか。

  • 1.水分摂取の介助を控える。
  • 2.仰臥位の姿勢を保持するよう介助する。
  • 3.食事内容が見える位置に食器を配置する。
  • 4.患者の下顎が上がるよう上方からスプーンで介助する。
正解・解説を見る
×1 水分摂取の介助を控える。
口腔内に水分を与えることで、唾液の分泌が促され、食塊の形成や移送を円滑にすることができる。
×2 仰臥位の姿勢を保持するよう介助する。
仰臥位のままでは誤嚥しやすいので、食事の際は可能な限り坐位とする。坐位がとれない場合でも、ベッドをギャッチアップしたり枕を用いたりするなどして、頭部を可能な限り挙上した姿勢を保持する。
3 食事内容が見える位置に食器を配置する。
食事内容を見えるように食器を配置することで、食欲を増進させることができる。
×4 患者の下顎が上がるよう上方からスプーンで介助する。
下顎を挙上すると食物が気道に入りやすくなるので、スプーンは下方から近づけるようにする。

解説

誤嚥を防ぐためには、まず覚醒を確認しましょう。そして姿勢を整え、頸部をやや前傾させ、一口ずつの嚥下を確認するようにしましょう。静かな環境づくりも必要です。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題