2017年度(第106回)版 看護師国家試験 過去問題

午前14N01

小脳失調でみられるのはどれか。

  • 1.下肢の麻痺が認められる。
  • 2.姿勢保持が困難になる。
  • 3.血圧が不安定になる。
  • 4.体がこわばる。
正解・解説を見る
×1 下肢の麻痺が認められる。
下肢の麻痺がみられるのは、大脳や脊髄(錐体路)の障害時である。
2 姿勢保持が困難になる。
小脳は平衡感覚や運動の調節を行っている。したがって、小脳失調では姿勢保持が困難になる。
×3 血圧が不安定になる。
小脳は血圧調節に関係しない。
×4 体がこわばる。
中脳が障害されるパーキンソン病では、筋固縮(筋肉のこわばり)がみられる。

解説

小脳などが障害されてその機能が失われることを小脳失調といいます。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題