2017年度(第106回)版 看護師国家試験 過去問題

午前10N01

ヒューマンエラーによる医療事故を防止するための効果的な対策で、「人は誰でも間違える」という前提に立った取り組みとして、最も適切なのはどれか。

  • 1.性格検査の実施
  • 2.事故発生時の罰則の規定
  • 3.注意力強化のための訓練の実施
  • 4.操作を誤りにくい医療機器の導入
正解・解説を見る
×1 性格検査の実施
性格検査によって個人のヒューマンエラー傾向(起こしやすいエラーの傾向)を評価することも有効ではあるが、「人は誰でも間違える」という前提に立った取り組みとしては適切でない。
×2 事故発生時の罰則の規定
人は必ずミスをするという前提に立ち、インシデントやアクシデントが発生した場合は、その情報を共有したうえで、適切な対策を講じられる体制づくりが重要である。
×3 注意力強化のための訓練の実施
注意力強化のための訓練実施でヒューマンエラーを防ぐのは難しい。ヒューマンエラーは、誰でも間違いを起こすという前提に立って対策を立てることが重要である。
4 操作を誤りにくい医療機器の導入
人は誰でも間違えるので、ヒューマンエラーによる医療事故を防止するためには、人間側の問題となる部分に対する対策だけでは限界がある。したがって、エラー誘発の原因になっている因子(操作を誤りやすい医療機器など)に対する対策が重要となる。

解説

ヒューマンエラーによる医療事故防止の対策を考えるうえで最も重要なのは、「人は誰でも間違える」という前提に立つことです。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題