2014年度(第103回)版 看護師国家試験 過去問題

午前94N07

次の文を読み〔問題94〕、〔問題95〕、〔問題96〕の問いに答えよ。Aさん(56歳、女性、主婦)は、胆石症と診断され、腹腔鏡下胆嚢摘出術予定で入院した。Aさんは身長152cm、体重70kgである。Aさんは、数年前に脂質異常症を指摘されたが、治療は受けていない。Aさんにその他の特記すべき既往歴はない。〔問題94〕看護師が手術オリエンテーションを行い、術後の入院期間は5日程度であると説明した。これに対してAさんは「1年前に妹が同じ手術を受けたが、食事はしばらく食べられず3週間以上管が抜けなかった。自分にも妹と同じ合併症が起こるかもしれない」と心配そうに話した。Aさんが心配している、妹に起こった合併症はどれか。

  • 1.肺 炎
  • 2.胆汁瘻
  • 3.皮下気腫
  • 4.深部静脈血栓症
正解・解説を見る
×1 肺 炎
肺炎に伴う発熱や咳嗽などの症状の情報がないため考えにくい。
2 胆汁瘻
胆嚢切除の術後に起こる合併症として胆汁漏を起こすことがあり、ドレーン留置や禁食が必要になる。
×3 皮下気腫
腹腔鏡下手術後の合併症として皮下気腫を起こすことがある。皮下にガスが入ることで膨らみ、押すとプチプチと音が出るが、そのような症状の情報はないため考えにくい。
×4 深部静脈血栓症
腹腔鏡下手術後の合併症として深部静脈血栓症を起こすことがあるが、下肢の浮腫などの情報はないため考えにくい。
※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題