2014年度(第103回)版 看護師国家試験 過去問題

午前1N01

日本の平成29年(2017年)における出生数に最も近いのはどれか。【出題103回:109回国試にあわせて改変】

  • 1.50万人
  • 2.100万人
  • 3.150万人
  • 4.200万人
正解・解説を見る
×1 50万人
明治5年の出生数は約57万人だったが、明治18年以降は出生数が100万人以下になったことはない(太平洋戦争中と終戦直後は資料不備)。
2 100万人
平成29年の出生数は約94万人であり、これが最も近い。
×3 150万人
出生数が約152万人だったのは、昭和56~57年頃。
×4 200万人
出生数が約200万人だったのは、第2次ベビーブームの昭和46~49年頃。
※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題