2011年度(第100回)版 看護師国家試験 過去問題

午前12N01

貧血の診断に用いられるのはどれか。

  • 1.ヘモグロビン濃度
  • 2.収縮期血圧
  • 3.血糖値
  • 4.尿酸値
正解・解説を見る
1 ヘモグロビン濃度
貧血は、末梢血中のヘモグロビン濃度の低下によって起こる。貧血の診断には、ヘモグロビン濃度以外に赤血球数やヘマトクリット(Ht)値が用いられる。
×2 収縮期血圧
貧血の診断に血圧は関係がない。
×3 血糖値
貧血の診断に血糖値は関係がない。血糖値は糖尿病の診断に用いられる。
×4 尿酸値
貧血の診断に尿酸値は関係ない。尿酸値は高尿酸血症(痛風)の診断に用いられる。
※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題