2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午前17N02

オプソニン効果を生じるのはどれか。

  • 1.好中球
  • 2.好塩基球
  • 3.Tリンパ球
  • 4.Bリンパ球
正解・解説を見る
1 好中球
オプソニン効果とは、好中球やマクロファージがもつ貪食作用が、抗体や補体によって促進される「味付け」効果のことである。 したがって、オプソニン効果を生じるのは、貪食能をもつ好中球やマクロファージである。
×2 好塩基球
好塩基球はIgE抗体を結合しており、これに抗原が結合するとヒスタミンなどを放出する。Ⅰ型アレルギーに関与する。
×3 Tリンパ球
Tリンパ球には、細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)やヘルパーT細胞、サプレッサーT細胞があるが、これらはオプソニン効果に直接関与しない。
×4 Bリンパ球
Bリンパ球は形質細胞となり、抗体(免疫グロブリン)を産生する。オプソニン効果に直接関与しない。
※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題