2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午前10N01

ニトログリセリンの作用はどれか。

  • 1.昇 圧
  • 2.造 血
  • 3.血管拡張
  • 4.免疫抑制
正解・解説を見る
×1 昇 圧
"昇圧作用があるのは、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、ドブタミンである。\n"
×2 造 血
造血作用があるのは、エリスロポエチン製剤である。腎性貧血の治療に用いられる。
3 血管拡張
ニトログリセリンには冠動脈拡張作用があり、狭心症発作時の治療に用いられる。血管を拡張させるので、副作用として血圧の低下がみられる。
×4 免疫抑制
免疫抑制の作用があるのは、副腎皮質ステロイド製剤や免疫抑制剤である。

解説

ニトログリセリンなどの硝酸薬は、体内で代謝されて一酸化窒素(NO)になってから血管拡張作用を発揮します。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題